元関脇の追風海関は故郷青森で“重すぎる町議”から県議に

公開日:  更新日:

 2人の横綱、若乃花に隆の里、舞の海、現役では安美錦か。みんな相撲が盛んな青森県出身だ。きょう登場の元関脇、追風海直飛人さん(40歳)もそのひとり。あの人気力士だった高見盛は1つ下の幼なじみで、小・中・大学と一緒だった。06年に引退後は角界に残らず、さっさと身を引いた。追風海関、今どうしているのか。

 追風海関と会ったのは平河町にある砂防会館の喫茶室。砂防会館といえばこれまであまたの大物政治家が事務所を構えてきたが、そこで会うということは……。

「いやあ、14年9月の青森県議会議員の補欠選挙に当選して以来、研修だ、勉強会だ、って毎月のように上京してるんですよ。きょうはボクが所属する教育関係の勉強会があり、きのう、東京に来ました」

 胸に議員バッジをつけた追風海関、まずはこう言った。元力士らしい堂々たる恰幅。貫禄はそこらの代議士をはるかに上回る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る