元関脇の追風海関は故郷青森で“重すぎる町議”から県議に

公開日:  更新日:

 2人の横綱、若乃花に隆の里、舞の海、現役では安美錦か。みんな相撲が盛んな青森県出身だ。きょう登場の元関脇、追風海直飛人さん(40歳)もそのひとり。あの人気力士だった高見盛は1つ下の幼なじみで、小・中・大学と一緒だった。06年に引退後は角界に残らず、さっさと身を引いた。追風海関、今どうしているのか。

 追風海関と会ったのは平河町にある砂防会館の喫茶室。砂防会館といえばこれまであまたの大物政治家が事務所を構えてきたが、そこで会うということは……。

「いやあ、14年9月の青森県議会議員の補欠選挙に当選して以来、研修だ、勉強会だ、って毎月のように上京してるんですよ。きょうはボクが所属する教育関係の勉強会があり、きのう、東京に来ました」

 胸に議員バッジをつけた追風海関、まずはこう言った。元力士らしい堂々たる恰幅。貫禄はそこらの代議士をはるかに上回る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る