• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子マラソンで日本記録 小鴨由水さんは指導&生保レディー

 22日から北京で世界陸上競技選手権が始まる。今回、またしても女子マラソンの代表選びですったもんだがあったのは記憶に新しいが、92年のバルセロナ五輪代表選考では一人のシンデレラガールの出現が話題になった。それまで無名だった小鴨由水選手(当時20)が日本最高タイムで選考レースに優勝。代表キップを手に入れた。43歳になった小鴨さん、今どうしているのか。

「今でもランニングの世界にどっぷり漬かってます。まずヤフオクドーム近くにキャンパスがある西日本短大健康スポーツコミュニケーション学科の非常勤講師として、駅伝部の監督をしてるでしょ。それと……」

 福岡市の大濠公園で会った小鴨さん、こういって現在の「ランニングの世界」を列挙した。

 臨時職員待遇で福岡市障がい者スポーツセンターの運動指導員を月2回、福岡大学公開講座「ホノルルマラソンを完走しよう!」の講師を月1回、さらにランニングの個別指導教室「九州ダックス」、小学生を対象にしたジョギング教室「kokamoキッズ」、知的障がい者のジョギングサークル「かものこクラブ」をボランティアに近い形で主宰しているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る