女子マラソンで日本記録 小鴨由水さんは指導&生保レディー

公開日:  更新日:

 22日から北京で世界陸上競技選手権が始まる。今回、またしても女子マラソンの代表選びですったもんだがあったのは記憶に新しいが、92年のバルセロナ五輪代表選考では一人のシンデレラガールの出現が話題になった。それまで無名だった小鴨由水選手(当時20)が日本最高タイムで選考レースに優勝。代表キップを手に入れた。43歳になった小鴨さん、今どうしているのか。

「今でもランニングの世界にどっぷり漬かってます。まずヤフオクドーム近くにキャンパスがある西日本短大健康スポーツコミュニケーション学科の非常勤講師として、駅伝部の監督をしてるでしょ。それと……」

 福岡市の大濠公園で会った小鴨さん、こういって現在の「ランニングの世界」を列挙した。

 臨時職員待遇で福岡市障がい者スポーツセンターの運動指導員を月2回、福岡大学公開講座「ホノルルマラソンを完走しよう!」の講師を月1回、さらにランニングの個別指導教室「九州ダックス」、小学生を対象にしたジョギング教室「kokamoキッズ」、知的障がい者のジョギングサークル「かものこクラブ」をボランティアに近い形で主宰しているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る