藤本一彦
著者のコラム一覧
藤本一彦

テレビ朝日総合編成局制作2部プロデューサー。角川映画などを経て、06年にテレビ朝日入社。助監督、監督、プロデューサーとして35年間テレビドラマの現場に携わり、これまで「味いちもんめ」「7人の女弁護士」「砂の器」「刑事一代」「点と線」などを手がけている。

〈5〉内藤剛志さんも斉藤暁さんもスタート当初は“別の役”

公開日:  更新日:
テレビ朝日「科捜研の女」(提供写真)

 99年のスタート当初、「科捜研の女」の視聴率は決して良いとは言えませんでした。それでもシリーズとして続けてこられたのは、この番組を企画した、現在ゼネラルプロデューサーをしている井土隆の熱意と信念があったからです。きれいな花ほど咲くまでに時間がかかると言いますが、まさにこの番組が…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る