日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

悠々自適にライブ告知 押尾学がひっそり“再始動”の不気味

 09年8月、マンションの同室にいたホステスとMDMAを服用してホステスが死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑に問われ、懲役2年6月の判決を受け服役していた押尾学だが、ひっそりと音楽活動を再開していたことがわかった。

 押尾は現在、ツイッターやインスタグラムを連日のように更新しているが、来年1月23日、都内でライブを行うことを告知。

「逮捕前から活動しているロックバンド・LIVのメンバーとして活動を再開しステージに立つようだ。すでにチケットは一般発売されている」(音楽関係者)という。

 押尾の日常生活を見ると、トレーニングで体を鍛え、おいしいものを食べ、高級マンションで悠々自適な生活を送る日々だ。

「公判で関係のある人物の名前を出さなかったため、事件前の人脈がまだ残っている。そのため、“タニマチ”のような人物がバックアップしているようだ」(週刊誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事