悠々自適にライブ告知 押尾学がひっそり“再始動”の不気味

公開日:  更新日:

 09年8月、マンションの同室にいたホステスとMDMAを服用してホステスが死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑に問われ、懲役2年6月の判決を受け服役していた押尾学だが、ひっそりと音楽活動を再開していたことがわかった。

 押尾は現在、ツイッターやインスタグラムを連日のように更新しているが、来年1月23日、都内でライブを行うことを告知。

「逮捕前から活動しているロックバンド・LIVのメンバーとして活動を再開しステージに立つようだ。すでにチケットは一般発売されている」(音楽関係者)という。

 押尾の日常生活を見ると、トレーニングで体を鍛え、おいしいものを食べ、高級マンションで悠々自適な生活を送る日々だ。

「公判で関係のある人物の名前を出さなかったため、事件前の人脈がまだ残っている。そのため、“タニマチ”のような人物がバックアップしているようだ」(週刊誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る