悠々自適にライブ告知 押尾学がひっそり“再始動”の不気味

公開日: 更新日:

 09年8月、マンションの同室にいたホステスとMDMAを服用してホステスが死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑に問われ、懲役2年6月の判決を受け服役していた押尾学だが、ひっそりと音楽活動を再開していたことがわかった。

 押尾は現在、ツイッターやインスタグラムを連日のように更新しているが、来年1月23日、都内でライブを行うことを告知。

「逮捕前から活動しているロックバンド・LIVのメンバーとして活動を再開しステージに立つようだ。すでにチケットは一般発売されている」(音楽関係者)という。

 押尾の日常生活を見ると、トレーニングで体を鍛え、おいしいものを食べ、高級マンションで悠々自適な生活を送る日々だ。

「公判で関係のある人物の名前を出さなかったため、事件前の人脈がまだ残っている。そのため、“タニマチ”のような人物がバックアップしているようだ」(週刊誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る