悠々自適にライブ告知 押尾学がひっそり“再始動”の不気味

公開日: 更新日:

 09年8月、マンションの同室にいたホステスとMDMAを服用してホステスが死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑に問われ、懲役2年6月の判決を受け服役していた押尾学だが、ひっそりと音楽活動を再開していたことがわかった。

 押尾は現在、ツイッターやインスタグラムを連日のように更新しているが、来年1月23日、都内でライブを行うことを告知。

「逮捕前から活動しているロックバンド・LIVのメンバーとして活動を再開しステージに立つようだ。すでにチケットは一般発売されている」(音楽関係者)という。

 押尾の日常生活を見ると、トレーニングで体を鍛え、おいしいものを食べ、高級マンションで悠々自適な生活を送る日々だ。

「公判で関係のある人物の名前を出さなかったため、事件前の人脈がまだ残っている。そのため、“タニマチ”のような人物がバックアップしているようだ」(週刊誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

もっと見る