今度は路チュー写真…押尾学の醜聞尽きぬ矢田亜希子の哀れ

公開日:  更新日:

 この男は反省しているのか――。元俳優の押尾学(37)が、21日発売の写真誌「フライデー」に“路チュー”をスッパ抜かれた。2009年に起こしたMDMA服用によるホステス死亡事件で収監されていたものの、今年9月の刑期満了を前に、昨年12月に仮釈放されたばかり。

 同誌は、押尾が派手な服を着た一般女性とのデートを楽しむ様子を掲載。2人がカフェで白ワインを飲む様子に加え、白昼堂々、路上で抱き合いながら熱いキスを交わす姿がバッチリ撮られている。

 この写真に苦々しい思いをしているのが、元妻で女優の矢田亜希子(36)だろう。6年前に押尾が逮捕された直後に離婚したものの、イメージダウンは避けられず一時的に第一線から消えた。

 その後、2010年に芸能活動を再開。14年には深夜ドラマ「慰謝料弁護士」(日本テレビ系)、今年は昼ドラ「花嫁のれん」(フジテレビ系)に出演と、盛り返しつつあるが、かつての勢いはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る