日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸能界で勢力急拡大 ハリセン近藤「春菜会」の華麗なる人脈

 初回(3月31日)の平均視聴率は21.8%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)をマーク――吉高由里子主演のNHK連続テレビ小説「花子とアン」は「ごちそうさん」には及ばなかったが、「あまちゃん」を超える好発進となった。

 出演すれば箔(はく)もつく朝ドラでこのたび、連ドラデビューを果たす「女優」がいる。お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(31)。2週目から登場するという。

「吉高演じる花子が編入する女学校の先輩役。劇中では花子の世話役として厳しく指導しますが、吉高とは意外にもプライベートで仲がよく、撮影の合間には女子トークで盛り上がっているそうです」(テレビ誌ライター)

 演技経験はサザエさんやちびまる子ちゃんの実写版ぐらい。芸歴11年目にして新境地を開くが、本業の評判も上々だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事