2015年を総括! 大高宏雄の胸を打った6本の映画

公開日: 更新日:

 年末最後なので、筆者が選ぶ今年のベスト邦画、洋画を3本ずつ挙げてみる。何本かはすでに取り上げている。

■邦画

「天空の蜂」…原発を題材にした緊迫感あるサスペンス劇が出色であった。原発問題に触れたがらず、沈黙を決め込むこの国の民衆が犯人の口から猛批判されていて、ハタと膝を打った。

「恋人たち」…心が打ち震えるような作品であった。過酷な人生を生きるなかに、それでも力強い人間たちの生命力が随所にあふれ出てくる。素人俳優たちが困難に向かう登場人物たちを生々しく演じていて、とても感心した。

「深夜食堂」…田舎風情で冴えない役の多部未華子に惚れた。東京に来て、にっちもさっちもいかなくなった彼女は深夜食堂に雇われる。ここを足場にささやかな夢が実現していく。浮浪者のような臭いを放つ多部が、銭湯に入って溌剌とするシーンは、涙なくして見られない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る