NMB48の素顔に迫った映画で渡辺美優紀の出番控えめなワケ

公開日:  更新日:

 いや、ホント、名前負けしない見目麗しいアイドルだ。NMB48の渡辺美優紀(22)。快進撃を続けるNHK朝ドラ「あさが来た」の主題歌を担当する同グループの主要メンバーのひとりで人気、知名度ともに抜群だ。

 来週29日公開の映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」(舩橋淳監督)は、文字通り、彼女たちの“素顔”に迫ったドキュメンタリー映画。従来のアイドルではベールに包みがちな恥部ともいえる舞台裏も記録したファンなら垂涎モノに仕上がっているが、「みるきー」の愛称で親しまれる渡辺の出番は意外にも控えめだ。

「正直ホッとしています(笑い)。ドキュメンタリーは自分の素の部分が多く出ると思うのですが、私は、あんまり、お見せしたくないタイプ。アイドルという存在はベールに包まれていたほうがいいような気がしているんです。それに、ファンの方々もいろいろな想像を巡らせた方が面白いところもあったりするかなって」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る