覚醒剤使用で追起訴…清原被告に“保釈拒否説”くすぶるワケ

公開日:  更新日:

 覚醒剤使用容疑の勾留期限を迎えた清原和博容疑者(48)が15日、使用の罪で東京地検から追起訴された。裁判所の判断次第だが、早ければ17日にも保釈が認められるという見方が濃厚だ。

「清原被告にあれこれ暴露されると困る人間は球界や芸能界などに少なからずいます。覚醒剤の入手ルートもひとつじゃない。闇社会に与える影響も大きいだけに、清原被告の“裁判後”までバックアップする態勢はすでに整っている。弁護士事務所も決まり、500万円ともいわれる保釈金も用意できているそうです。問題は身元引受人で、ようとして知れない。法的には不要ですが、いなければ裁判所は保釈をまず認めません」(捜査事情通)

 身元引受人をめぐっては、これまで親しい飲食店経営者、元タニマチの実業家、逮捕直前まで一緒にいたとされる銀座のホステスの彼女、学校法人の理事長、アントニオ猪木参院議員などさまざまな名前が挙がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る