清原容疑者「3.15保釈」で急浮上 猪木氏が身元引受人か

公開日: 更新日:

 覚醒剤の所持と使用で逮捕された清原和博容疑者(48)の初公判が5月17日、東京地裁で開かれることが決まった。清原容疑者本人は、早ければ、勾留期限を迎える3月15日にも保釈される見通しだ。

「清原被告は初犯だから、本人が保釈申請し、裁判所が認めれば、即日にも保釈されるでしょう。ただし、条件がいくつかあります。ひとつは保釈金です。金額は被告の財産に応じて決まりますが、現金がなくても日本保釈支援協会に立て替えてもらう方法もある。あとは被告を監督・サポートする身元引受人探しです。一般的には家族がなりますが、家族でなくても、社会的信用のある人物なら、裁判所が身元引受人として認めるケースもあります」(覚醒剤事件に詳しい「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士)

 早ければ1週間後、42日ぶりにシャバに出てくる清原容疑者。その時、大混乱になるのは間違いない。

「7年前、同じく覚醒剤取締法違反で逮捕された酒井法子の時と同じか、それ以上の騒ぎになるでしょう。のりピーは保釈直後に東京湾岸署前で頭を下げて謝罪し、ASKAも2年前、湾岸署前で深々と頭を下げた。しかし、清原容疑者は警視庁の地下駐車場から車に乗ったまま表に出て、会見を開かず、そのまま初公判まで都内の病院で治療を受けるといわれています。清原容疑者の場合、警視庁本部の特命班が直接逮捕したため、所轄署ではなく、本部に留置していた。所轄署だと保釈される時、映像を撮りやすいが、本部は撮りづらい。テレビは“顔ツラ”が撮れない恐れがある。なのでテレビ局の社会部は10人態勢でチームを組み、ヘリを飛ばす準備もしています」(在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍