日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原容疑者「3.15保釈」で急浮上 猪木氏が身元引受人か

 覚醒剤の所持と使用で逮捕された清原和博容疑者(48)の初公判が5月17日、東京地裁で開かれることが決まった。清原容疑者本人は、早ければ、勾留期限を迎える3月15日にも保釈される見通しだ。

「清原被告は初犯だから、本人が保釈申請し、裁判所が認めれば、即日にも保釈されるでしょう。ただし、条件がいくつかあります。ひとつは保釈金です。金額は被告の財産に応じて決まりますが、現金がなくても日本保釈支援協会に立て替えてもらう方法もある。あとは被告を監督・サポートする身元引受人探しです。一般的には家族がなりますが、家族でなくても、社会的信用のある人物なら、裁判所が身元引受人として認めるケースもあります」(覚醒剤事件に詳しい「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士)

 早ければ1週間後、42日ぶりにシャバに出てくる清原容疑者。その時、大混乱になるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事