始まった清原争奪戦…学校法人や住職が身元引受人に名乗り

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された清原和博容疑者(48)の後見人をめぐる“争奪戦”が始まった。

 学校法人「日本航空学園」の梅沢重雄理事長(63)が、2月29日のスポーツ新聞で「野球界復帰の力になりたい」と宣言。清原容疑者の身元引受人に名乗りを上げたほか、27日の一部スポーツ紙では、最福寺住職の池口恵観法主(79)が「私が手を差し伸べたい」と話していた。

 逮捕後、タニマチや知人らがクモの子を散らすように逃げ出し、“孤立無援”とみられていた清原容疑者だが、ここにきて引く手あまただ。警視庁の捜査関係者がこう言う。

「多くのマスコミが清原容疑者に“接触”を試みていますが、担当弁護士から『清原容疑者本人と相談して、後から連絡する』と言われていて、現在は“待ち”の状態です。じかに接触できないため、スポーツ紙などのメディアを使って“呼びかける”形を取っているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  4. 4

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  5. 5

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  8. 8

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る