日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ときめきに死す(1984年 森田芳光監督)

「ときめきに死す」発売=アスミック・エース/販売=KADOKAWA

 暗殺者の映画といえば「ジャッカルの日」「暗殺者のメロディ」「ニキータ」などが有名。邦画では市川雷蔵の「ある殺し屋」や松田優作の「処刑」シリーズか。暗殺は映画の大きなテーマだ。

 本作の主人公は沢田研二演じる若き暗殺者・工藤。元歌舞伎町の医者を名乗る…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事