各局で続々放送も 「清張ドラマ」人気の裏に一抹の“不安”

公開日:  更新日:

 松本清張原作のテレビドラマ化が相次いでいる。先週は「地方紙を買う女」と「黒い樹海」がテレビ朝日系で放映された。今後は3月30日がテレビ東京系の「喪失の儀礼」で、4月15日がフジテレビ系の「一年半待て」といった具合である。

 なぜ今、松本清張なのかといえば、ある程度の視聴率が見込めるからだろう。清張の知名度は作家のなかでも抜群だ。良質なサスペンスへの期待感は高い。

 一方で、サスペンスの企画がマンネリ化してきたこともある。刑事もの、医療ものなど多くがやりつくされている。連続ものはともかく、スペシャルものとなれば、練りに練られた話の展開をもつ清張もので勝負に出たいということだろう。

 ただ、清張の大のファンとしてはひとつ危惧もある。清張ドラマは昭和という時代背景を色濃くもち、それが話の展開のなかで重要な役割を果たしている。昭和だから、話のつじつまが合う作品も多いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る