フジ日9「OUR HOUSE」初回大惨敗 “芦田プロ”にかかる重圧

公開日: 更新日:

 日曜夜9時台で4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)は完全にアウトだろう。

 フジテレビ系ドラマ「OUR HOUSE」の初回(17日)視聴率。天才子役の芦田愛菜(11)と、NHK朝ドラの“マッサン女優”ことシャーロット・ケイト・フォックス(30)がダブル主演を務める4月期クールの中でも注目の一作だが、大苦戦のスタートとなった。

 この日の同時間帯は新作ドラマ3本がひしめき合う混戦模様。3番組の中で視聴者の心を最もつかんだのは、松本潤(32)主演のTBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―」(15.5%)。続いて、テレビ朝日系「科捜研の女 春スペシャル」(9.9%)。「OUR――」は遠く及ばず、トリプルスコア、ダブルスコアの大差をつけられた。

 亡き母親に代わって大家族を取りまとめる中1の長女(芦田)と、米国からやってきた新米ママ(シャーロット)がぶつかり合うハートフルなホームコメディー。ま、日米の組み合わせは珍しいものの、かつてはミポリン(新米ママ)とゴクミ(娘)が共演した80年代の連ドラ「ママはアイドル!」があったように、定番かつ共感を呼ぶテーマだ。では、なぜ惨敗したのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る