フジ日9「OUR HOUSE」初回大惨敗 “芦田プロ”にかかる重圧

公開日: 更新日:

 日曜夜9時台で4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)は完全にアウトだろう。

 フジテレビ系ドラマ「OUR HOUSE」の初回(17日)視聴率。天才子役の芦田愛菜(11)と、NHK朝ドラの“マッサン女優”ことシャーロット・ケイト・フォックス(30)がダブル主演を務める4月期クールの中でも注目の一作だが、大苦戦のスタートとなった。

 この日の同時間帯は新作ドラマ3本がひしめき合う混戦模様。3番組の中で視聴者の心を最もつかんだのは、松本潤(32)主演のTBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―」(15.5%)。続いて、テレビ朝日系「科捜研の女 春スペシャル」(9.9%)。「OUR――」は遠く及ばず、トリプルスコア、ダブルスコアの大差をつけられた。

 亡き母親に代わって大家族を取りまとめる中1の長女(芦田)と、米国からやってきた新米ママ(シャーロット)がぶつかり合うハートフルなホームコメディー。ま、日米の組み合わせは珍しいものの、かつてはミポリン(新米ママ)とゴクミ(娘)が共演した80年代の連ドラ「ママはアイドル!」があったように、定番かつ共感を呼ぶテーマだ。では、なぜ惨敗したのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る