元不良ボクサー佐藤洋太さん 焼肉屋店長として奮闘の日々

公開日: 更新日:

 渡嘉敷勝男、辰吉丈一郎、赤井英和、薬師寺保栄、竹原慎二……。強烈な個性が魅力だったプロボクサーには元ヤンキーが多い。元WBC世界スーパーフライ級王者の佐藤洋太さんもそのひとり。自叙伝「不良(ヤンキー)ボクサー母校に帰る」を出したほどの札付きだった。今どうしているのか――。

「お肉の仕込みを終わらせちゃいますから、ちょっと待ってて下さい」

 岩手県盛岡市。原敬記念館そばの焼き肉店「チャレンジャー」を訪ねると、厨房で働く佐藤さんがいた。待つこと5分。渡された名刺には「店長」の肩書が。

「一昨年の4月10日に新規オープンしました。この店の親会社『門崎』の千葉祐士社長がボクの現役時代のスポンサーのひとりでしてね。引退後に入社し、半年間の研修を経て、オープンにこぎつけました」

 ボクシングでは世界チャンプになった。しかし、焼き肉業界では新参者。そこで店名を「チャレンジャー」にしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る