元不良ボクサー佐藤洋太さん 焼肉屋店長として奮闘の日々

公開日: 更新日:

 渡嘉敷勝男、辰吉丈一郎、赤井英和、薬師寺保栄、竹原慎二……。強烈な個性が魅力だったプロボクサーには元ヤンキーが多い。元WBC世界スーパーフライ級王者の佐藤洋太さんもそのひとり。自叙伝「不良(ヤンキー)ボクサー母校に帰る」を出したほどの札付きだった。今どうしているのか――。

「お肉の仕込みを終わらせちゃいますから、ちょっと待ってて下さい」

 岩手県盛岡市。原敬記念館そばの焼き肉店「チャレンジャー」を訪ねると、厨房で働く佐藤さんがいた。待つこと5分。渡された名刺には「店長」の肩書が。

「一昨年の4月10日に新規オープンしました。この店の親会社『門崎』の千葉祐士社長がボクの現役時代のスポンサーのひとりでしてね。引退後に入社し、半年間の研修を経て、オープンにこぎつけました」

 ボクシングでは世界チャンプになった。しかし、焼き肉業界では新参者。そこで店名を「チャレンジャー」にしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る