元不良ボクサー佐藤洋太さん 焼肉屋店長として奮闘の日々

公開日:  更新日:

 渡嘉敷勝男、辰吉丈一郎、赤井英和、薬師寺保栄、竹原慎二……。強烈な個性が魅力だったプロボクサーには元ヤンキーが多い。元WBC世界スーパーフライ級王者の佐藤洋太さんもそのひとり。自叙伝「不良(ヤンキー)ボクサー母校に帰る」を出したほどの札付きだった。今どうしているのか――。

「お肉の仕込みを終わらせちゃいますから、ちょっと待ってて下さい」

 岩手県盛岡市。原敬記念館そばの焼き肉店「チャレンジャー」を訪ねると、厨房で働く佐藤さんがいた。待つこと5分。渡された名刺には「店長」の肩書が。

「一昨年の4月10日に新規オープンしました。この店の親会社『門崎』の千葉祐士社長がボクの現役時代のスポンサーのひとりでしてね。引退後に入社し、半年間の研修を経て、オープンにこぎつけました」

 ボクシングでは世界チャンプになった。しかし、焼き肉業界では新参者。そこで店名を「チャレンジャー」にしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る