• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元不良ボクサー佐藤洋太さん 焼肉屋店長として奮闘の日々

 渡嘉敷勝男、辰吉丈一郎、赤井英和、薬師寺保栄、竹原慎二……。強烈な個性が魅力だったプロボクサーには元ヤンキーが多い。元WBC世界スーパーフライ級王者の佐藤洋太さんもそのひとり。自叙伝「不良(ヤンキー)ボクサー母校に帰る」を出したほどの札付きだった。今どうしているのか――。

「お肉の仕込みを終わらせちゃいますから、ちょっと待ってて下さい」

 岩手県盛岡市。原敬記念館そばの焼き肉店「チャレンジャー」を訪ねると、厨房で働く佐藤さんがいた。待つこと5分。渡された名刺には「店長」の肩書が。

「一昨年の4月10日に新規オープンしました。この店の親会社『門崎』の千葉祐士社長がボクの現役時代のスポンサーのひとりでしてね。引退後に入社し、半年間の研修を経て、オープンにこぎつけました」

 ボクシングでは世界チャンプになった。しかし、焼き肉業界では新参者。そこで店名を「チャレンジャー」にしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る