• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真田丸ヒットも追い風 堺雅人に「半沢直樹」続編説が浮上

 今、テレビ界はこの話題で持ち切り――。業界関係者のだれもが“幻のドラマ”と呼ぶ「半沢直樹」の続編制作に、TBSがついに取りかかる方向で調整に入ったのだ。この情報はまだ正式にオープンにはなっていない“機密案件”。

「この10月から『半沢直樹』の続編を放送することを、ようやく主役の堺雅人に内諾してもらったようです。情報解禁は早くて8月下旬。現在、堺が出演するNHKの大河ドラマ『真田丸』の収録がすべてクランクアップするのが8月以降で、ギリギリまでPRができないということです。制作スケジュールはかなりハードになるけど、これまで周囲に“幻のドラマ”とからかわれてきたことを思えば、気にもならないでしょう」(制作会社関係者)

「半沢直樹」が“幻のドラマ”といわれるのには理由がある。3年前に放送された時は平均視聴率が28.7%、最終回は視聴率42.2%で、今世紀のドラマで最高記録を樹立した。しかも、ネタはたくさんあるのに、企画が暗礁に乗り上げ、現在に至るまで続編が制作されていないのだ。ドラマ関係者の間では「半沢」に対するリスペクトと、不甲斐ないTBSの制作体制への嫌みもあって“幻”といわれているのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る