真田丸ヒットも追い風 堺雅人に「半沢直樹」続編説が浮上

公開日: 更新日:

 今、テレビ界はこの話題で持ち切り――。業界関係者のだれもが“幻のドラマ”と呼ぶ「半沢直樹」の続編制作に、TBSがついに取りかかる方向で調整に入ったのだ。この情報はまだ正式にオープンにはなっていない“機密案件”。

「この10月から『半沢直樹』の続編を放送することを、ようやく主役の堺雅人に内諾してもらったようです。情報解禁は早くて8月下旬。現在、堺が出演するNHKの大河ドラマ『真田丸』の収録がすべてクランクアップするのが8月以降で、ギリギリまでPRができないということです。制作スケジュールはかなりハードになるけど、これまで周囲に“幻のドラマ”とからかわれてきたことを思えば、気にもならないでしょう」(制作会社関係者)

「半沢直樹」が“幻のドラマ”といわれるのには理由がある。3年前に放送された時は平均視聴率が28.7%、最終回は視聴率42.2%で、今世紀のドラマで最高記録を樹立した。しかも、ネタはたくさんあるのに、企画が暗礁に乗り上げ、現在に至るまで続編が制作されていないのだ。ドラマ関係者の間では「半沢」に対するリスペクトと、不甲斐ないTBSの制作体制への嫌みもあって“幻”といわれているのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  8. 8

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

もっと見る