• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バイト生活から着想 足立紳氏が語る「百円の恋」執筆秘話

 苦節20年、遅咲きのシナリオライターがいる。安藤サクラ(30)主演の映画「百円の恋」で脚本を担当した足立紳氏(43)だ。3月の第39回日本アカデミー賞で最優秀脚本賞を受賞し“時の人”となり、今夏初めてメガホンをとる――。

 大手配給会社の作品が注目される賞レースで、単館系「百円の恋」が脚本賞と主演女優賞の2冠に輝いた。業界関係者を驚かせた授賞式から2カ月。本人いわく「想像以上の反響」で、早くも十数本の映画の脚本依頼が来たという。ブロンズ像とともにゲットした賞金50万円は「嫁さんの口座にスライドされるので、僕の手には……」と苦笑いする。

 同作に「ハマり過ぎた」という編集者からのラブコールを受け、2月には初の小説「乳房に蚊」(幻冬舎)を刊行した。タイトルは尾崎放哉の句「すばらしい乳房だ蚊が居る」をオマージュしたもので、妻の稼ぎで生計を立てるダメ男の生活ぶりが生き生きと描かれている。実生活でも4歳年下の妻と結婚して14年、2人の子どもを授かりながらプー太郎同然の不遇期を支えてもらっただけに、「嫁さんには今も、いや、一生、頭が上がりません」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る