バイト生活から着想 足立紳氏が語る「百円の恋」執筆秘話

公開日:  更新日:

 苦節20年、遅咲きのシナリオライターがいる。安藤サクラ(30)主演の映画「百円の恋」で脚本を担当した足立紳氏(43)だ。3月の第39回日本アカデミー賞で最優秀脚本賞を受賞し“時の人”となり、今夏初めてメガホンをとる――。

 大手配給会社の作品が注目される賞レースで、単館系「百円の恋」が脚本賞と主演女優賞の2冠に輝いた。業界関係者を驚かせた授賞式から2カ月。本人いわく「想像以上の反響」で、早くも十数本の映画の脚本依頼が来たという。ブロンズ像とともにゲットした賞金50万円は「嫁さんの口座にスライドされるので、僕の手には……」と苦笑いする。

 同作に「ハマり過ぎた」という編集者からのラブコールを受け、2月には初の小説「乳房に蚊」(幻冬舎)を刊行した。タイトルは尾崎放哉の句「すばらしい乳房だ蚊が居る」をオマージュしたもので、妻の稼ぎで生計を立てるダメ男の生活ぶりが生き生きと描かれている。実生活でも4歳年下の妻と結婚して14年、2人の子どもを授かりながらプー太郎同然の不遇期を支えてもらっただけに、「嫁さんには今も、いや、一生、頭が上がりません」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る