バイト生活から着想 足立紳氏が語る「百円の恋」執筆秘話

公開日: 更新日:

 苦節20年、遅咲きのシナリオライターがいる。安藤サクラ(30)主演の映画「百円の恋」で脚本を担当した足立紳氏(43)だ。3月の第39回日本アカデミー賞で最優秀脚本賞を受賞し“時の人”となり、今夏初めてメガホンをとる――。

 大手配給会社の作品が注目される賞レースで、単館系「百円の恋」が脚本賞と主演女優賞の2冠に輝いた。業界関係者を驚かせた授賞式から2カ月。本人いわく「想像以上の反響」で、早くも十数本の映画の脚本依頼が来たという。ブロンズ像とともにゲットした賞金50万円は「嫁さんの口座にスライドされるので、僕の手には……」と苦笑いする。

 同作に「ハマり過ぎた」という編集者からのラブコールを受け、2月には初の小説「乳房に蚊」(幻冬舎)を刊行した。タイトルは尾崎放哉の句「すばらしい乳房だ蚊が居る」をオマージュしたもので、妻の稼ぎで生計を立てるダメ男の生活ぶりが生き生きと描かれている。実生活でも4歳年下の妻と結婚して14年、2人の子どもを授かりながらプー太郎同然の不遇期を支えてもらっただけに、「嫁さんには今も、いや、一生、頭が上がりません」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  6. 6

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  7. 7

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

もっと見る