• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

単館系作品「百円の恋」 アカデミー賞優秀作品のなぜ?

 第39回日本アカデミー賞の発表が今週あった。北野武監督が昨年、大手映画会社の持ち回りじゃないかと言って物議をかもし、岡田裕介同賞協会会長が反論する一幕もあった映画賞だ。

 真偽のほどはさておき、今年はまったく意外な作品が年間の5本のみに与えられる優秀作品賞に選出され、驚いた。安藤サクラ主演「百円の恋」で、公開は何と2014年12月20日だったからである。

 今回の対象期間は14年12月16日から、15年12月15日までに公開された作品。「百円の恋」は一昨年の公開だったにもかかわらず、受賞作になった。

 よくぞ、比較的近い昨年公開の作品をさしおいて、1年以上前の作品が忘れられずに選ばれたものだと感心した。大手の興行網に乗らない単館系だったので、大手優先のこの賞にはなかなか引っかからない作品でもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る