単館系作品「百円の恋」 アカデミー賞優秀作品のなぜ?

公開日: 更新日:

 第39回日本アカデミー賞の発表が今週あった。北野武監督が昨年、大手映画会社の持ち回りじゃないかと言って物議をかもし、岡田裕介同賞協会会長が反論する一幕もあった映画賞だ。

 真偽のほどはさておき、今年はまったく意外な作品が年間の5本のみに与えられる優秀作品賞に選出され、驚いた。安藤サクラ主演「百円の恋」で、公開は何と2014年12月20日だったからである。

 今回の対象期間は14年12月16日から、15年12月15日までに公開された作品。「百円の恋」は一昨年の公開だったにもかかわらず、受賞作になった。

 よくぞ、比較的近い昨年公開の作品をさしおいて、1年以上前の作品が忘れられずに選ばれたものだと感心した。大手の興行網に乗らない単館系だったので、大手優先のこの賞にはなかなか引っかからない作品でもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る