がん報告めぐり 小倉キャスターが笠井アナに“皮肉”のワケ

公開日:  更新日:

「笠井君の期待に応えられないのは残念ですが、ちゃんと戻ってきます」

 フリーアナウンサーの小倉智昭(68)は13日朝、キャスターを務めるフジテレビ系情報番組「とくダネ!」で早期の膀胱がんの手術のため、番組を1週間休むと報告した後、そう言って、早期復帰を誓った。

 笠井君とは、笠井信輔アナのこと。まるで小倉が復帰まで時間がかかることを笠井アナが期待しているのではないか、と疑うかのような物言いだ。

 メーンキャスターの座をめぐる争奪戦があるのだろうか。

「小倉氏が笠井氏の発言を皮肉り、笠井氏がやり返すという応酬は一度や二度じゃない。昨年、番組の公式ブログを告知する際、笠井アナが『スタジオより面白い時があるんですよ』とエンディングトークで言った直後、『何それ? その言い方!』などと小倉氏が立腹する様子が話題になったこともあります」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る