日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

グラスに酒5合注がれ 4代目・旭堂南陵が受けた“入門試験”

 2006年に上方講談の名跡「旭堂南陵」を継いで4代目を襲名。その後、12年には文化庁芸術祭賞大賞を受賞した実力派の旭堂南陵師匠(66)。酒量は酒豪で知られた3代目譲り。酒好きは還暦を過ぎても上方講談界屈指だ。

  ◇  ◇  ◇

「おまえをテストする」

 こう言うて、師匠の3代目南陵が突き出したのは、三ツ矢サイダーのマークが入ったグラスですわ。そこに一升瓶から直接、日本酒をトコトコトコとつぎまして、「さあ、飲んでみろ」。

 大阪万博の2年前、68年4月。近畿大学に入学して間もない頃ですから、まだ18歳。大学のそばにあった師匠の自宅へお昼すぎにお邪魔して、弟子入りを志願したときのことです。

 3代目はむちゃくちゃ酒飲みでね。酒が飲めへん弟子取ってもつまらん、こう思うたんでしょうな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事