グラスに酒5合注がれ 4代目・旭堂南陵が受けた“入門試験”

公開日: 更新日:

 2006年に上方講談の名跡「旭堂南陵」を継いで4代目を襲名。その後、12年には文化庁芸術祭賞大賞を受賞した実力派の旭堂南陵師匠(66)。酒量は酒豪で知られた3代目譲り。酒好きは還暦を過ぎても上方講談界屈指だ。

  ◇  ◇  ◇

「おまえをテストする」

 こう言うて、師匠の3代目南陵が突き出したのは、三ツ矢サイダーのマークが入ったグラスですわ。そこに一升瓶から直接、日本酒をトコトコトコとつぎまして、「さあ、飲んでみろ」。

 大阪万博の2年前、68年4月。近畿大学に入学して間もない頃ですから、まだ18歳。大学のそばにあった師匠の自宅へお昼すぎにお邪魔して、弟子入りを志願したときのことです。

 3代目はむちゃくちゃ酒飲みでね。酒が飲めへん弟子取ってもつまらん、こう思うたんでしょうな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る