川崎龍介さんが語った「サンバルカン」途中降板の裏事情

公開日: 更新日:

「熊本生まれのボクは地震なんて他人事、別の地方の災害だと思ってた。それだけに、4月14日の前震と16日の本震には、本当にビックリしました。それは常連さんも同じ。震災以降、ピタッと客足が止まり、やむなく丸1カ月間、休業しました」

 同店は88年8月、一昨年1月に87歳で亡くなった歌謡曲好きの父が定年退職後、大阪から故郷の八代に戻る際、老後の楽しみとして開業した。店はカウンターとボックス席合わせて25席。母と2人で切り盛りしている。

「開店当時、ボクは渋谷のスナックでウエーター兼弾き語りをしてたんですが、家業を手伝うために八代に戻りました。そのうちにRKK熊本放送のラジオパーソナリティーやカラオケ大会の審査員の仕事が舞い込むようになりましてね。パーソナリティーは一昨年まで足かけ15年やってました。審査員は九州全域から依頼があり、4年前、3日間で600人を審査した時はさすがにヘロヘロになりましたよ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

もっと見る