• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

25位だった川栄は卒業後…AKB総選挙“下位”に注目も一興か

「AKB48・第8回総選挙」は指原莉乃が連覇を果たした。1位になれば個人の露出も増え、ファンだけでなく幅広い年齢層の人に認知される。その後は人気と認知のよろいをつけて卒業。芸能界の荒波に1人でこぎ出す。

 これまで前田敦子、大島優子の1位獲得者や人気のあった初期のメンバーが卒業。女優の世界でしのぎを削っているなか、意外な形で注目されている卒業生がいる。NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」での好演で人気急上昇中の川栄李奈(21)だ。

 芸能関係者によれば、「朝ドラは役者の再生工場のごとく、往年活躍した人や、まだ芽が出ない人が新たなキャラで蘇る。役者としてステップアップする登竜門的なドラマ」という。

 連日20%超えの高視聴率もあって注目度も倍増している川栄。「この子いいねえー。誰?」と川栄をよく知らない視聴者も関心を寄せる。川栄はAKB48の11期生として10年にデビュー。昨年8月に卒業後は女優活動に専念していた。総選挙の人気投票では25位、16位と中ぐらい。2年前の握手会で暴漢にノコギリで襲われた被害者のひとりでもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る