• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世代交代進まず 指原“史上初連覇”でAKB48が迎えた正念場

 HKT48の指原莉乃(23)が史上最高の24万3011票を獲得し、連覇を達成した第8回AKB48選抜総選挙(18日、ハード オフ エコスタジアム新潟)。

 指原の1位はこれで3回目。勝利後のスピーチでは「どうか私を1位として認めてください。私はスキャンダルで仕事が増えてスキャンダル成り金と思われてもおかしくない」「叩けばホコリしかでてきません」と非正統派アイドルを自認するがゆえ自虐的に語ったが、連覇はグループOGの前田敦子(24)や大島優子(27)も達成できなかった快挙である。

 しかし、その裏では結成から10年の区切りを迎えた国民的アイドルグループの課題も浮き彫りとなった。

 速報では1位ながら結果2位に終わった渡辺麻友(22)の「AKB48はピンチだと思います。たくさんの先輩方が卒業して、今いるメンバーだけではカバーできない部分もあります」というスピーチがグループの現状を端的に表している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る