日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世代交代進まず 指原“史上初連覇”でAKB48が迎えた正念場

 HKT48の指原莉乃(23)が史上最高の24万3011票を獲得し、連覇を達成した第8回AKB48選抜総選挙(18日、ハード オフ エコスタジアム新潟)。

 指原の1位はこれで3回目。勝利後のスピーチでは「どうか私を1位として認めてください。私はスキャンダルで仕事が増えてスキャンダル成り金と思われてもおかしくない」「叩けばホコリしかでてきません」と非正統派アイドルを自認するがゆえ自虐的に語ったが、連覇はグループOGの前田敦子(24)や大島優子(27)も達成できなかった快挙である。

 しかし、その裏では結成から10年の区切りを迎えた国民的アイドルグループの課題も浮き彫りとなった。

 速報では1位ながら結果2位に終わった渡辺麻友(22)の「AKB48はピンチだと思います。たくさんの先輩方が卒業して、今いるメンバーだけではカバーできない部分もあります」というスピーチがグループの現状を端的に表している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事