元「トライアングル」上野真由美さん 芸能活動に意欲再燃

公開日: 更新日:

 70年代後半、“キャンディーズの妹分”として活躍したアイドルグループがいた。78年デビューの「トライアングル」だ。「トライアングル・ラブレター」の軽快で爽やかなメロディーを覚えている読者は多いだろう。本日登場の上野真由美さん(57)はキュートな笑顔が印象的だった。今どうしているのか。

「解散したのが81年だから、もう35年も経つのね。結婚して授かった2人の子供たちは社会人になったし、これからは少しずつ芸能活動を増やせたら、と思ってるところ。芸名? トライアングル時代のニックネームだった『マミ』を使って、上野マミでやってます」

 名古屋市中区。地下鉄東山線・新栄町駅に近い所属事務所で会った上野さん、こう言ってほほ笑んだ。

「街を歩いていると時々、中年男性に呼び止められることがあるの。ちょっと身構えてると、“トライアングルにいた方ですよね。私、ファンだったんです”って。大昔のことなのに、よくぞ覚えていて下さったって、ホント、うれしくなっちゃう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る