元「トライアングル」上野真由美さん 芸能活動に意欲再燃

公開日: 更新日:

 70年代後半、“キャンディーズの妹分”として活躍したアイドルグループがいた。78年デビューの「トライアングル」だ。「トライアングル・ラブレター」の軽快で爽やかなメロディーを覚えている読者は多いだろう。本日登場の上野真由美さん(57)はキュートな笑顔が印象的だった。今どうしているのか。

「解散したのが81年だから、もう35年も経つのね。結婚して授かった2人の子供たちは社会人になったし、これからは少しずつ芸能活動を増やせたら、と思ってるところ。芸名? トライアングル時代のニックネームだった『マミ』を使って、上野マミでやってます」

 名古屋市中区。地下鉄東山線・新栄町駅に近い所属事務所で会った上野さん、こう言ってほほ笑んだ。

「街を歩いていると時々、中年男性に呼び止められることがあるの。ちょっと身構えてると、“トライアングルにいた方ですよね。私、ファンだったんです”って。大昔のことなのに、よくぞ覚えていて下さったって、ホント、うれしくなっちゃう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る