• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

紅白復帰も? 福田こうへい“和解成立”で2年5カ月ぶり新曲

 演歌歌手の福田こうへい(39)がようやく再始動だ。

 前所属事務所との専属契約問題がコジれて損害賠償訴訟に発展していたが、このたび、和解が成立。8月24日に2年5カ月ぶりの新曲「北の出世船(仮)」を発売することが所属レコード会社「キングレコード」から発表になった。

 福田は「多くのファンの皆さまから、『新曲は、いつ?』と尋ねられるたびに、ちゃんとお答えできない歯がゆさを感じておりました」「新曲に全力投球、これまで以上に、心に響く歌をお届けできるように、精進を重ねてまいります」とコメント。

 12年に発売した「南部蝉しぐれ」がヒットして13年、14年と暮れのNHK紅白に連続出場したが、昨年は騒動の余波や他の若手演歌勢の躍進もあって落選した福田。トラブルが解決すれば民謡で鍛えた歌声は評価が高いだけに、新曲の売れ行き次第では紅白の晴れ舞台復帰も期待できそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る