紅白復帰も? 福田こうへい“和解成立”で2年5カ月ぶり新曲

公開日:  更新日:

 演歌歌手の福田こうへい(39)がようやく再始動だ。

 前所属事務所との専属契約問題がコジれて損害賠償訴訟に発展していたが、このたび、和解が成立。8月24日に2年5カ月ぶりの新曲「北の出世船(仮)」を発売することが所属レコード会社「キングレコード」から発表になった。

 福田は「多くのファンの皆さまから、『新曲は、いつ?』と尋ねられるたびに、ちゃんとお答えできない歯がゆさを感じておりました」「新曲に全力投球、これまで以上に、心に響く歌をお届けできるように、精進を重ねてまいります」とコメント。

 12年に発売した「南部蝉しぐれ」がヒットして13年、14年と暮れのNHK紅白に連続出場したが、昨年は騒動の余波や他の若手演歌勢の躍進もあって落選した福田。トラブルが解決すれば民謡で鍛えた歌声は評価が高いだけに、新曲の売れ行き次第では紅白の晴れ舞台復帰も期待できそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る