紅白復帰も? 福田こうへい“和解成立”で2年5カ月ぶり新曲

公開日:  更新日:

 演歌歌手の福田こうへい(39)がようやく再始動だ。

 前所属事務所との専属契約問題がコジれて損害賠償訴訟に発展していたが、このたび、和解が成立。8月24日に2年5カ月ぶりの新曲「北の出世船(仮)」を発売することが所属レコード会社「キングレコード」から発表になった。

 福田は「多くのファンの皆さまから、『新曲は、いつ?』と尋ねられるたびに、ちゃんとお答えできない歯がゆさを感じておりました」「新曲に全力投球、これまで以上に、心に響く歌をお届けできるように、精進を重ねてまいります」とコメント。

 12年に発売した「南部蝉しぐれ」がヒットして13年、14年と暮れのNHK紅白に連続出場したが、昨年は騒動の余波や他の若手演歌勢の躍進もあって落選した福田。トラブルが解決すれば民謡で鍛えた歌声は評価が高いだけに、新曲の売れ行き次第では紅白の晴れ舞台復帰も期待できそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る