芸能界引退危機 能年玲奈が迫られる生き残りへの“踏み絵”

公開日: 更新日:

 NHKの朝ドラ「あまちゃん」で国民的人気を博した女優の能年玲奈(22)が、芸能界から消える日が現実的になってきた。独立騒動でもめる所属事務所との契約が6月で切れる上、所属事務所に無断で設立した個人事務所での活動にも見通しがたたない。復活へ向け、頼みの綱とされた小泉今日子(50)の線も簡単ではないという。

「能年にとって、小泉は芸能界で信頼を寄せる数少ない理解者。能年の所属プロ『レプロエンタテインメント』は、小泉所属の『バーニング』の系列ということもあり、小泉の口利きで騒動が収まり、小泉の所属事務所への移籍もあるのではないか、と一部で報じられていました。ところが、この小泉の事務所というのは、舞台や出版などを企画製作するバーニング内の一セクションのようなもので、マネジメントは行っていない。そこで能年を引き取るにしても、『レプロ』は納得しないでしょうし、小泉の所属事務所も了承するとは思えない。能年が、『ママ』と呼ぶ小泉に頼るにしても、“甘ちゃん”だったと認めるケジメというか、何らかの補償が必要になるでしょう」と、芸能関係者は言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る