芸能界引退危機 能年玲奈が迫られる生き残りへの“踏み絵”

公開日:  更新日:

 NHKの朝ドラ「あまちゃん」で国民的人気を博した女優の能年玲奈(22)が、芸能界から消える日が現実的になってきた。独立騒動でもめる所属事務所との契約が6月で切れる上、所属事務所に無断で設立した個人事務所での活動にも見通しがたたない。復活へ向け、頼みの綱とされた小泉今日子(50)の線も簡単ではないという。

「能年にとって、小泉は芸能界で信頼を寄せる数少ない理解者。能年の所属プロ『レプロエンタテインメント』は、小泉所属の『バーニング』の系列ということもあり、小泉の口利きで騒動が収まり、小泉の所属事務所への移籍もあるのではないか、と一部で報じられていました。ところが、この小泉の事務所というのは、舞台や出版などを企画製作するバーニング内の一セクションのようなもので、マネジメントは行っていない。そこで能年を引き取るにしても、『レプロ』は納得しないでしょうし、小泉の所属事務所も了承するとは思えない。能年が、『ママ』と呼ぶ小泉に頼るにしても、“甘ちゃん”だったと認めるケジメというか、何らかの補償が必要になるでしょう」と、芸能関係者は言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る