• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「64」で高評価 緒形直人を近ごろ見かけなかったワケ

 俳優の緒形直人(48)が、映画「64―ロクヨン―後編」(東宝系)で男を上げている。

 主演の佐藤浩市(55)をはじめ、豪華キャスト陣が名を連ねる中でも抜群の存在感。ネタバレを避けるため詳しいことは書けないが、結末はおろか、本作品のクオリティーを左右する重要な役どころ。

 映画批評家の前田有一氏も「本当の悪人に見えたり、チャラく見えようものなら観客は一瞬で興ざめしてしまう。目崎正人という非常にバランスの難しい役を演じ切っている」と高く評価する。

 作品自体も好調な出だしを切った。先週末のオープニング2日間で興行収入3億5400万円超をマーク。これは前編比138%の客入りで、最終的に20億円を見込める数字だ。観賞した客によるSNSでの口コミでも高評価が目立つ。

 特に緒形の演技は、ロクヨンで娘を失った被害者遺族を演じ、早くも各映画賞の助演男優賞ノミネートが確実視されている永瀬正敏(49)と人気を二分する勢いで、前後編合わせて興収35億円超という大ヒット作のキーパーソンといっても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る