初カンヌで受賞 “ジブリ新作”仏映画製作会社と連携の強み

公開日: 更新日:

 初カンヌで受賞とはさすがというべきか。スタジオジブリの新作「レッドタートル ある島の物語」(9月17日公開)が21日(日本時間22日)、世界3大映画祭のひとつ、第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で特別賞を受賞。構想10年、製作8年もの歳月をかけて完成させた作品であり、「メルシーボク」と挨拶した名物プロデューサー、鈴木敏夫氏の喜びもひとしおだっただろう。

 同映画は“異色”だ。メガホンをとったのは、引退した宮崎駿監督でもなければ、高畑勲監督でもない。オランダ出身のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督。短編アニメーションを得意とする御仁である。

 製作もジブリ単体ではなく、仏の製作兼配給大手ワイルドバンチとの共同製作。ワイルドバンチはこれまでも多くのジブリ作品の海外セールスを担当しており、「ほかにも国際映画祭常連組の是枝裕和監督の『海街diary』や青山真治監督の『EUREKA』も手がけていて、売り込みのノウハウには定評がある。いまひとつ伸び悩む日本映画の海外ビジネス戦略に一役買っていて、勢いと野心の強い企業です」(映画関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る