初カンヌで受賞 “ジブリ新作”仏映画製作会社と連携の強み

公開日: 更新日:

 初カンヌで受賞とはさすがというべきか。スタジオジブリの新作「レッドタートル ある島の物語」(9月17日公開)が21日(日本時間22日)、世界3大映画祭のひとつ、第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で特別賞を受賞。構想10年、製作8年もの歳月をかけて完成させた作品であり、「メルシーボク」と挨拶した名物プロデューサー、鈴木敏夫氏の喜びもひとしおだっただろう。

 同映画は“異色”だ。メガホンをとったのは、引退した宮崎駿監督でもなければ、高畑勲監督でもない。オランダ出身のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督。短編アニメーションを得意とする御仁である。

 製作もジブリ単体ではなく、仏の製作兼配給大手ワイルドバンチとの共同製作。ワイルドバンチはこれまでも多くのジブリ作品の海外セールスを担当しており、「ほかにも国際映画祭常連組の是枝裕和監督の『海街diary』や青山真治監督の『EUREKA』も手がけていて、売り込みのノウハウには定評がある。いまひとつ伸び悩む日本映画の海外ビジネス戦略に一役買っていて、勢いと野心の強い企業です」(映画関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る