珍現象? 3週連続で公開された“中高年向け映画”全ヒット

公開日:  更新日:

 映画興行に中高年が戻ってきた。3週連続で登場したヒット作に、中高年の観客が目立っているのだ。今、ファミリー層や若者層が幅をきかすシネコン=映画館に、異例なほど中高年の観客が押し寄せている。

 公開順に、興収見通し(推測)を――。「64―ロクヨン―前編」が20億円近く、「殿、利息でござる!」が13億円前後、「海よりもまだ深く」が10億円前後。いずれも40代以降の観客がかなりの割合を占め、3週連続というのが現象としては珍しい。

 それもサスペンス、時代劇、家族劇とそれぞれジャンルが異なる。うまく観客が分散して、振り分けられたとも言えようか。

 どれも深く骨太な人間ドラマとして、見応え十分であることも見逃せない。大人の観賞に堪えうる作品は小手先の映像のテクニックだけでは生まれない。人間を描く視点の確かさが大切で、いずれ劣らない出来栄えに仕上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る