珍現象? 3週連続で公開された“中高年向け映画”全ヒット

公開日: 更新日:

 映画興行に中高年が戻ってきた。3週連続で登場したヒット作に、中高年の観客が目立っているのだ。今、ファミリー層や若者層が幅をきかすシネコン=映画館に、異例なほど中高年の観客が押し寄せている。

 公開順に、興収見通し(推測)を――。「64―ロクヨン―前編」が20億円近く、「殿、利息でござる!」が13億円前後、「海よりもまだ深く」が10億円前後。いずれも40代以降の観客がかなりの割合を占め、3週連続というのが現象としては珍しい。

 それもサスペンス、時代劇、家族劇とそれぞれジャンルが異なる。うまく観客が分散して、振り分けられたとも言えようか。

 どれも深く骨太な人間ドラマとして、見応え十分であることも見逃せない。大人の観賞に堪えうる作品は小手先の映像のテクニックだけでは生まれない。人間を描く視点の確かさが大切で、いずれ劣らない出来栄えに仕上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る