珍現象? 3週連続で公開された“中高年向け映画”全ヒット

公開日:  更新日:

 映画興行に中高年が戻ってきた。3週連続で登場したヒット作に、中高年の観客が目立っているのだ。今、ファミリー層や若者層が幅をきかすシネコン=映画館に、異例なほど中高年の観客が押し寄せている。

 公開順に、興収見通し(推測)を――。「64―ロクヨン―前編」が20億円近く、「殿、利息でござる!」が13億円前後、「海よりもまだ深く」が10億円前後。いずれも40代以降の観客がかなりの割合を占め、3週連続というのが現象としては珍しい。

 それもサスペンス、時代劇、家族劇とそれぞれジャンルが異なる。うまく観客が分散して、振り分けられたとも言えようか。

 どれも深く骨太な人間ドラマとして、見応え十分であることも見逃せない。大人の観賞に堪えうる作品は小手先の映像のテクニックだけでは生まれない。人間を描く視点の確かさが大切で、いずれ劣らない出来栄えに仕上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る