実家が酒屋の島田珠代 お酒は「仕事のプラスになる液体」

公開日: 更新日:

 で、みんな飲んべえ。ワタシ、こう見えて結構人見知りやったんで、仲良くなってかわいがってもらいたい、舞台でいらってもらいたい、そのためにはお酒を飲んでコミュニケーションをとらんと、と思って必死で飲むようにしたんです。

 ところが、飲んでみたら楽しくて、お酒ってすごいな、こんなにみんなとの親睦を深める手伝いをしてくれるんやって。アッという間に飲めるようになりました(笑い)。

 当時は冷酒ブームでした。「何から飲んだらいいですかねぇ」って聞いたら日本酒を勧められ、最初は「上善如水」を冷酒で飲むことから始めました。今も「上善如水」をよく飲むし、「ひめぜん」も甘くて白ワインっぽくて好き。

 ただ、おいしいというよりも仕事のプラスになるための液体と思ってます。ゲラゲラ笑う陽気なお酒で、すごい甘えん坊になるんですよ(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る