渡辺直美は「太ってない」は本当か? NYの“お世辞”事情

公開日: 更新日:

 22日に都内で開かれたイベントでの渡辺直美(26)の発言には誰もが「エーッ」だったに違いない。

 彼女は今年5月から3カ月間ニューヨークに短期留学していたが、そのときの体験談として「ダンスの先生から“あなたは太ってない。すごく健康体よ”と言われた」とか「向こうへ行ったら、私の100倍ぐらいの人がゴロゴロ転がっていた」と語ったのだ。

 ちなみに渡辺の身長は158センチ、体重は98キロだ。

 デブキャラをウリにしている芸人だから、これもシャレの一種だろうが、ホントにNYはそんなに肥満だらけなのか。

 NY事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏がこう言う。

「たしかにマンハッタンあたりの貧困層には3食ジャンクフードという子もいますから、100キロぐらいの子がゴロゴロはしていますね。しかし、米社会ではパワハラ・セクハラが大きな問題になっているので、太っている人にも“fat”とは言いません。彼女も決して“thin(痩せている)”ではありませんが、言葉に詰まった男性が彼女の背の低さを見て“cute”とか“baby”と言った可能性は高いですね」

 アメリカ流のお世辞だったようで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る