日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ五輪リポートに総勢11人 各局女子アナの注目株は誰?

 五輪が始まって、日本国中がしばらくテレビにくぎ付けになり、実況や現地リポートの女子アナを目にする機会が多くなることだろう。今回は治安やジカ熱の問題などもあって「みんな派遣されることを尻込みした」なんて話もあったが、結局はNHK、民放各局を合わせて総勢11人の女子アナが派遣される。

 先月行われた記者発表会の顔ぶれは、日テレの徳島えりかアナ、テレビ朝日の青山愛アナ、TBSの小林由未子アナ、テレビ東京の秋元玲奈アナ、フジテレビの宮澤智アナ。これにNHKからは杉浦友紀アナを筆頭に5人、フジテレビからももう一人、ショーパンこと生野陽子アナも現地入りしている。

 このうち特に注目の女子アナは誰か。女子アナ評論家の高島恒雄氏が言う。

「みなさん、それなりの実力が認められて選ばれているんでしょうが、あえて一人を選ぶとなると、私は青山さんに注目です。米国生まれで高校時に帰国、京都大学に入ってからも米国やフランスに留学するなど海外経験は豊富。『報道ステーション』時代はスポーツキャスターをやっていたこともあり、スポーツへの造詣も深い。さらに最近は『マツコ&有吉の怒り新党』などバラエティーに進出し、タレントとの絡みにも慣れてきています。テレ朝からは松岡修造さんも派遣されていますから、2人の“掛け合い”も見てみたいですね」

 今回の五輪でテレビ朝日は柔道男子81キロ級、女子63キロ級、競泳女子200メートル個人メドレー決勝、男子200メートルバタフライ決勝などを担当する。選手の頑張りも当然だが、女子アナの奮闘ぶりに注目するのも一興か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事