高島彩に赤江珠緒まで 女子アナ続々“女優デビュー”の真相

公開日: 更新日:

 去年の9月まで羽鳥慎一(45)とともに「モーニングバード」のキャスターを務めていた赤江珠緒(41)が放送中の連続ドラマ「重版出来!」(TBS系)に出演、“女優”デビューすることが話題になっている。

 過去にドラマなどに“顔を出した”ことはあるが、いずれもアナウンサーやリポーター役。そこへいくと、今回は漫画家の夫を支える子持ちの妻役とやらで、本格演技と呼ぶにふさわしいものだ。

 女子アナの女優デビューといえば、最近ではフジテレビ出身の高島彩(37)が人気ドラマ「下町ロケット」で、相手企業の不正を暴くジャーナリスト役で出演したのは記憶に新しい。フリーになった女子アナはどうして次々、ドラマに進出するのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「要はフリーアナだけでは食えない時代に入ってしまったんです。かつては“局アナからフリーになれば年収10倍”なんて時代もありましたが、今はフリーアナが飽和状態で、珍しくも何ともない。さらに、局側の都合でいえば、その局も経費削減でわざわざフリーを雇わなくても自局のアナウンサーで十分なんです。そのため、本物の“しゃべり”で生きていけるのはホンの一握り。あとはドラマに出たり、バラエティーでいじられたり、自らの恥ずかしい過去を切り売りして生きているのが偽らざる姿です」

 女子アナ人気ナンバーワンの有働由美子(47、NHK)は「フリーになれば年収2億円以上」などともいわれているが、本人に辞める気配はない。フリーの厳しさと実情を熟知しているからに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る