高島彩に赤江珠緒まで 女子アナ続々“女優デビュー”の真相

公開日:  更新日:

 去年の9月まで羽鳥慎一(45)とともに「モーニングバード」のキャスターを務めていた赤江珠緒(41)が放送中の連続ドラマ「重版出来!」(TBS系)に出演、“女優”デビューすることが話題になっている。

 過去にドラマなどに“顔を出した”ことはあるが、いずれもアナウンサーやリポーター役。そこへいくと、今回は漫画家の夫を支える子持ちの妻役とやらで、本格演技と呼ぶにふさわしいものだ。

 女子アナの女優デビューといえば、最近ではフジテレビ出身の高島彩(37)が人気ドラマ「下町ロケット」で、相手企業の不正を暴くジャーナリスト役で出演したのは記憶に新しい。フリーになった女子アナはどうして次々、ドラマに進出するのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「要はフリーアナだけでは食えない時代に入ってしまったんです。かつては“局アナからフリーになれば年収10倍”なんて時代もありましたが、今はフリーアナが飽和状態で、珍しくも何ともない。さらに、局側の都合でいえば、その局も経費削減でわざわざフリーを雇わなくても自局のアナウンサーで十分なんです。そのため、本物の“しゃべり”で生きていけるのはホンの一握り。あとはドラマに出たり、バラエティーでいじられたり、自らの恥ずかしい過去を切り売りして生きているのが偽らざる姿です」

 女子アナ人気ナンバーワンの有働由美子(47、NHK)は「フリーになれば年収2億円以上」などともいわれているが、本人に辞める気配はない。フリーの厳しさと実情を熟知しているからに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る