• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高島彩に赤江珠緒まで 女子アナ続々“女優デビュー”の真相

 去年の9月まで羽鳥慎一(45)とともに「モーニングバード」のキャスターを務めていた赤江珠緒(41)が放送中の連続ドラマ「重版出来!」(TBS系)に出演、“女優”デビューすることが話題になっている。

 過去にドラマなどに“顔を出した”ことはあるが、いずれもアナウンサーやリポーター役。そこへいくと、今回は漫画家の夫を支える子持ちの妻役とやらで、本格演技と呼ぶにふさわしいものだ。

 女子アナの女優デビューといえば、最近ではフジテレビ出身の高島彩(37)が人気ドラマ「下町ロケット」で、相手企業の不正を暴くジャーナリスト役で出演したのは記憶に新しい。フリーになった女子アナはどうして次々、ドラマに進出するのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「要はフリーアナだけでは食えない時代に入ってしまったんです。かつては“局アナからフリーになれば年収10倍”なんて時代もありましたが、今はフリーアナが飽和状態で、珍しくも何ともない。さらに、局側の都合でいえば、その局も経費削減でわざわざフリーを雇わなくても自局のアナウンサーで十分なんです。そのため、本物の“しゃべり”で生きていけるのはホンの一握り。あとはドラマに出たり、バラエティーでいじられたり、自らの恥ずかしい過去を切り売りして生きているのが偽らざる姿です」

 女子アナ人気ナンバーワンの有働由美子(47、NHK)は「フリーになれば年収2億円以上」などともいわれているが、本人に辞める気配はない。フリーの厳しさと実情を熟知しているからに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る