高島彩に赤江珠緒まで 女子アナ続々“女優デビュー”の真相

公開日:  更新日:

 去年の9月まで羽鳥慎一(45)とともに「モーニングバード」のキャスターを務めていた赤江珠緒(41)が放送中の連続ドラマ「重版出来!」(TBS系)に出演、“女優”デビューすることが話題になっている。

 過去にドラマなどに“顔を出した”ことはあるが、いずれもアナウンサーやリポーター役。そこへいくと、今回は漫画家の夫を支える子持ちの妻役とやらで、本格演技と呼ぶにふさわしいものだ。

 女子アナの女優デビューといえば、最近ではフジテレビ出身の高島彩(37)が人気ドラマ「下町ロケット」で、相手企業の不正を暴くジャーナリスト役で出演したのは記憶に新しい。フリーになった女子アナはどうして次々、ドラマに進出するのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「要はフリーアナだけでは食えない時代に入ってしまったんです。かつては“局アナからフリーになれば年収10倍”なんて時代もありましたが、今はフリーアナが飽和状態で、珍しくも何ともない。さらに、局側の都合でいえば、その局も経費削減でわざわざフリーを雇わなくても自局のアナウンサーで十分なんです。そのため、本物の“しゃべり”で生きていけるのはホンの一握り。あとはドラマに出たり、バラエティーでいじられたり、自らの恥ずかしい過去を切り売りして生きているのが偽らざる姿です」

 女子アナ人気ナンバーワンの有働由美子(47、NHK)は「フリーになれば年収2億円以上」などともいわれているが、本人に辞める気配はない。フリーの厳しさと実情を熟知しているからに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る