秀吉ロス続々 「真田丸」小日向文世“老いの演技”が高評価

公開日:  更新日:

 嗚呼、ついにあの人が逝ってしまった。NHK大河「真田丸」で小日向文世(62)演じる豊臣秀吉が7日放送分で最期を迎えた。

 秀吉の正室、寧役を演じた鈴木京香(48)は、あるインタビューで「今、秀吉ロスです」と言っていたが、秀吉ロスは鈴木ばかりではない。ネットの書き込みでは全国から「あかん、泣ける」「秀吉の老いの描き方は秀逸だった」「もう一度見よう」という声が相次いでいる。ドラマのプロたちからも絶賛の声が上がっている。コラムニストの桧山珠美氏はこういう。

「『真田丸』に最初に登場したころはおちゃめで軽い感じでしたが、徐々に顔は笑っているのに目は笑ってないみたいなブラックな狂気も含む演技になってきましたよね。老いの部分も3週にわたって丁寧に描かれていました。これまで大河で秀吉を演じた役者といえば緒形拳さんと竹中直人さんが代表格でしょうが、小日向さんの秀吉も、この人たちに次ぐ、あるいはしのぐ快演だったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る