日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有罪判決から1カ月 元タレント医師・脇坂英理子がSNS再開

 日本時間の9日にリオ五輪男子体操団体で金メダルを獲得した加藤凌平選手(22)の歓喜のツイートを、あの人物がリツイートしていた。元タレントで医師の脇坂英理子氏(37)だ。

 脇坂氏は今年3月9日、診療報酬を水増し請求したとして詐欺罪で逮捕。7月12日に懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の有罪判決が言い渡された。逮捕前は、頻繁にバラエティー番組に出演し、毎晩のようにホストクラブに通い貯金はないなどと話すなど、奔放な言動で知られていたほか、ド派手なメークを施して撮影した自撮り写真や豪華な料理の写真をSNSやブログに数多く掲載するなど、ギャルのような私生活が話題だった。

 その脇坂氏がツイッターを再開したのは7月31日。アプリによるとみられる自動更新を除けば、逮捕直前の投稿を最後に更新は止まっていたが、「先生! 熱中症にご注意ください!!」というメッセージに対し、「お気遣いありがとうございます」と返信。約4カ月半ぶりに沈黙を破っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事