• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツマミ不要 桂小枝は落語を酒のアテに毎晩焼酎の水割りを

 ベテラン落語家であり、関西のバラエティー番組でもお馴染みの桂小枝さん(61)。上方落語界屈指の左党だ。

  ◇  ◇  ◇

 酒は大好きですわ。毎日、365日欠かしませんからね。休肝日? あらへん、あらへん。高座の前にたばこ、終わったらお酒。この2つは僕の人生にはつきものですねん。外で飲み、ウチに帰ったら、自分の部屋で飲み直しです。規則正しく不健康な生活。これを若い時から心がけてます(笑い)。

 ことお酒については好き嫌いがない。口開けはビールを軽く、それから日本酒や焼酎となんでも。行きつけは天五(天神橋筋五丁目)界隈が多いですな。「稲田商店」「めん坊」は(池乃)めだかさん、(桂)ざこばさんらとも行くんですが、「稲田商店」は酒屋さん。店で立ち飲みもさせてくれる“角打ち”なんで、おいしい日本酒がぎょうさんあるんです。何も言わんでも、その日の“おすすめ”とか僕好みのうまい酒をスッと出してくれはる。狭いですけど、居心地がええんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る