• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツマミ不要 桂小枝は落語を酒のアテに毎晩焼酎の水割りを

 ベテラン落語家であり、関西のバラエティー番組でもお馴染みの桂小枝さん(61)。上方落語界屈指の左党だ。

  ◇  ◇  ◇

 酒は大好きですわ。毎日、365日欠かしませんからね。休肝日? あらへん、あらへん。高座の前にたばこ、終わったらお酒。この2つは僕の人生にはつきものですねん。外で飲み、ウチに帰ったら、自分の部屋で飲み直しです。規則正しく不健康な生活。これを若い時から心がけてます(笑い)。

 ことお酒については好き嫌いがない。口開けはビールを軽く、それから日本酒や焼酎となんでも。行きつけは天五(天神橋筋五丁目)界隈が多いですな。「稲田商店」「めん坊」は(池乃)めだかさん、(桂)ざこばさんらとも行くんですが、「稲田商店」は酒屋さん。店で立ち飲みもさせてくれる“角打ち”なんで、おいしい日本酒がぎょうさんあるんです。何も言わんでも、その日の“おすすめ”とか僕好みのうまい酒をスッと出してくれはる。狭いですけど、居心地がええんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る