• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツマミ不要 桂小枝は落語を酒のアテに毎晩焼酎の水割りを

 ベテラン落語家であり、関西のバラエティー番組でもお馴染みの桂小枝さん(61)。上方落語界屈指の左党だ。

  ◇  ◇  ◇

 酒は大好きですわ。毎日、365日欠かしませんからね。休肝日? あらへん、あらへん。高座の前にたばこ、終わったらお酒。この2つは僕の人生にはつきものですねん。外で飲み、ウチに帰ったら、自分の部屋で飲み直しです。規則正しく不健康な生活。これを若い時から心がけてます(笑い)。

 ことお酒については好き嫌いがない。口開けはビールを軽く、それから日本酒や焼酎となんでも。行きつけは天五(天神橋筋五丁目)界隈が多いですな。「稲田商店」「めん坊」は(池乃)めだかさん、(桂)ざこばさんらとも行くんですが、「稲田商店」は酒屋さん。店で立ち飲みもさせてくれる“角打ち”なんで、おいしい日本酒がぎょうさんあるんです。何も言わんでも、その日の“おすすめ”とか僕好みのうまい酒をスッと出してくれはる。狭いですけど、居心地がええんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る