ツマミ不要 桂小枝は落語を酒のアテに毎晩焼酎の水割りを

公開日:

 ベテラン落語家であり、関西のバラエティー番組でもお馴染みの桂小枝さん(61)。上方落語界屈指の左党だ。

  ◇  ◇  ◇

 酒は大好きですわ。毎日、365日欠かしませんからね。休肝日? あらへん、あらへん。高座の前にたばこ、終わったらお酒。この2つは僕の人生にはつきものですねん。外で飲み、ウチに帰ったら、自分の部屋で飲み直しです。規則正しく不健康な生活。これを若い時から心がけてます(笑い)。

 ことお酒については好き嫌いがない。口開けはビールを軽く、それから日本酒や焼酎となんでも。行きつけは天五(天神橋筋五丁目)界隈が多いですな。「稲田商店」「めん坊」は(池乃)めだかさん、(桂)ざこばさんらとも行くんですが、「稲田商店」は酒屋さん。店で立ち飲みもさせてくれる“角打ち”なんで、おいしい日本酒がぎょうさんあるんです。何も言わんでも、その日の“おすすめ”とか僕好みのうまい酒をスッと出してくれはる。狭いですけど、居心地がええんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る