• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫騒動の中村芝翫 “ねじれ襲名”で舞台の上でも前途多難

 10月の東京は、3劇場で歌舞伎が興行されている。3劇場をまわると、歌舞伎の多様性がよく分かる。

 歌舞伎座は中村芝翫襲名披露興行。橋之助が父の名である芝翫を八代目として襲名した。直前に不倫騒動が起きたが、家庭内で何があったかはともかく、橋之助は堂々と芝翫を襲名し、役者たちは祝福した。

「芝翫」を「しかん」と読める人は一般には少ないだろう。先代の七代目芝翫は女形だったので、歌舞伎ファンの間では名優として知られていたが、テレビや映画に出る機会もなく、知名度が低かった。

 新しい八代目芝翫は立役だが、七代目(父)は女形だったので、「父の名」は継ぐが、「父の芸」は継がないという、ねじれた襲名となった。新しい芝翫が襲名にあたって選んだのは「熊谷陣屋」(夜の部)で、幕末から明治前半にかけて活躍した四代目芝翫の型を復活させたのが、見どころ。たしかに、これまで見慣れていた「熊谷陣屋」とは印象がだいぶ違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る