• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妹・麻央を必死に看病 小林麻耶の体調を専門家はどう見た

 乳がん闘病中で、先日「ステージ4」を公表したフリーアナウンサー・小林麻央(34)の病状は心配このうえないが、もうひとり、必死に妹の看病を続ける姉・小林麻耶(37)の体調も周囲から心配されている。

 ここ3、4日の本人のブログを見てみると、10日には妹と一緒に子供たちの運動会に行って、〈目標達成〉と書きつつも、〈もうすでに全身筋肉痛。気合いの入れ過ぎかな?!〉などとつづっていて、その翌日には5カ月ぶりにネイルに行ったことを公表。〈予約しては、キャンセル 予約しては、キャンセルを何度も繰り返し…やっと行けました〉などと報告している。

「5カ月ぶり」というと、ちょうど「バイキング」(フジテレビ系)の生放送中に救急搬送され、その後に事務所が「休養」を発表したころ以来ということ。当時は「パニック障害か」などとも騒がれたが、1カ月後の6月に麻央の乳がんが発表。ショックが重なり過ぎて「介護うつでは?」という声も上がっていた姉の状態を専門家はどう見るか、医学博士の米山公啓氏に聞いてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事