月9撃沈のウラで…原田知世の“本格恋愛ドラマ”が熱いワケ

公開日:

 フジテレビの月9ドラマ「カインとアベル」が厳しい状況だ。第2話(24日放送)の平均視聴率が8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。過去最低の初回平均視聴率を記録した前回の8.8%から0.2ポイントもダウンした。

 第2話では、23日に急死した俳優の平幹二朗さん(享年82)が“最後の出演”。それでも、瞬間最高視聴率は9.8%で、10%を超えることはできなかった。

 今や月9のような“恋愛モノ”では視聴率が取れないというのが、業界の定石になりつつある。今クールでも高視聴率を叩き出しているのは、医療モノや刑事モノだ。そんな中、ひときわ注目を集めるドラマがある。

 女優の原田知世(48)が主演するNHKのドラマ10「運命に、似た恋」だ。斎藤工が相手役を務める大人の純愛物語。脚本は「ロングバケーション」や「ビューティフルライフ」の北川悦吏子氏が務めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る