• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主演映画大コケ 悩める織田裕二に付きまとう“踊る”の残像

 都内のあるシネコンでは、公開2週目にして最小スクリーンでの上映に追いやられている。織田裕二(48)の最新作「ボクの妻と結婚してください。」(東宝、三宅喜重監督)のこと。織田にとって4年ぶりの主演映画だが、大コケ確実の様相なのだ。

 13日時点の興行収入は2億7000万円、同日公開で上映館数が半分以下の「溺れるナイフ」の成績を大きく下回っている。ランキングも初週6位の出遅れを挽回できずに8位に転落。配給関係者からは「最終興収10億円はマストだが、6億円いくかどうか」と青息吐息が聞こえてくる。

 末期のすい臓がんで余命6カ月と宣告されたテレビの放送作家が、自分が死んだあとを憂い、妻の再婚相手を探すというストーリー。これまで舞台やドラマ化もされてきたお涙必至のテッパンコンテンツだが、なぜだめなのか。映画ジャーナリストの大高宏雄氏はこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る