主演映画大コケ 悩める織田裕二に付きまとう“踊る”の残像

公開日:

 都内のあるシネコンでは、公開2週目にして最小スクリーンでの上映に追いやられている。織田裕二(48)の最新作「ボクの妻と結婚してください。」(東宝、三宅喜重監督)のこと。織田にとって4年ぶりの主演映画だが、大コケ確実の様相なのだ。

 13日時点の興行収入は2億7000万円、同日公開で上映館数が半分以下の「溺れるナイフ」の成績を大きく下回っている。ランキングも初週6位の出遅れを挽回できずに8位に転落。配給関係者からは「最終興収10億円はマストだが、6億円いくかどうか」と青息吐息が聞こえてくる。

 末期のすい臓がんで余命6カ月と宣告されたテレビの放送作家が、自分が死んだあとを憂い、妻の再婚相手を探すというストーリー。これまで舞台やドラマ化もされてきたお涙必至のテッパンコンテンツだが、なぜだめなのか。映画ジャーナリストの大高宏雄氏はこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る