主演映画大コケ 悩める織田裕二に付きまとう“踊る”の残像

公開日:

 都内のあるシネコンでは、公開2週目にして最小スクリーンでの上映に追いやられている。織田裕二(48)の最新作「ボクの妻と結婚してください。」(東宝、三宅喜重監督)のこと。織田にとって4年ぶりの主演映画だが、大コケ確実の様相なのだ。

 13日時点の興行収入は2億7000万円、同日公開で上映館数が半分以下の「溺れるナイフ」の成績を大きく下回っている。ランキングも初週6位の出遅れを挽回できずに8位に転落。配給関係者からは「最終興収10億円はマストだが、6億円いくかどうか」と青息吐息が聞こえてくる。

 末期のすい臓がんで余命6カ月と宣告されたテレビの放送作家が、自分が死んだあとを憂い、妻の再婚相手を探すというストーリー。これまで舞台やドラマ化もされてきたお涙必至のテッパンコンテンツだが、なぜだめなのか。映画ジャーナリストの大高宏雄氏はこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る