• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「IQ246」織田裕二の“安定しない”しゃべり方に視聴者困惑

 織田裕二(48)主演ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)が苦戦している。前回(6日)の第4話で平均視聴率11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)にいったん戻したものの、13日に放送された第5話は10.1%(同)と、再び下落してしまった。

 この日のゲストは俳優の成宮寛貴(34)。織田扮するIQ246の天才貴族・法門寺沙羅駆が、VRを得意とするアーティスト・千代能光一(成宮)のパーティーに参加したところ、千代能とコンビを組む番田(矢本悠馬=26)がアトリエの吹き抜けから転落死する……というものだった。

 同ドラマは、スタート直後から織田の風変わりな“しゃべり方”が話題に。視聴者の間で<(名探偵)ポワロを意識した?><(相棒の)杉下右京みたい>、果ては<古畑任三郎か?>などの指摘が相次ぎ、織田のコミカルな演技も見どころの一つとなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る