「IQ246」織田裕二の“安定しない”しゃべり方に視聴者困惑

公開日:  更新日:

 織田裕二(48)主演ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)が苦戦している。前回(6日)の第4話で平均視聴率11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)にいったん戻したものの、13日に放送された第5話は10.1%(同)と、再び下落してしまった。

 この日のゲストは俳優の成宮寛貴(34)。織田扮するIQ246の天才貴族・法門寺沙羅駆が、VRを得意とするアーティスト・千代能光一(成宮)のパーティーに参加したところ、千代能とコンビを組む番田(矢本悠馬=26)がアトリエの吹き抜けから転落死する……というものだった。

 同ドラマは、スタート直後から織田の風変わりな“しゃべり方”が話題に。視聴者の間で<(名探偵)ポワロを意識した?><(相棒の)杉下右京みたい>、果ては<古畑任三郎か?>などの指摘が相次ぎ、織田のコミカルな演技も見どころの一つとなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る