「IQ246」織田裕二の“安定しない”しゃべり方に視聴者困惑

公開日:  更新日:

 織田裕二(48)主演ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)が苦戦している。前回(6日)の第4話で平均視聴率11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)にいったん戻したものの、13日に放送された第5話は10.1%(同)と、再び下落してしまった。

 この日のゲストは俳優の成宮寛貴(34)。織田扮するIQ246の天才貴族・法門寺沙羅駆が、VRを得意とするアーティスト・千代能光一(成宮)のパーティーに参加したところ、千代能とコンビを組む番田(矢本悠馬=26)がアトリエの吹き抜けから転落死する……というものだった。

 同ドラマは、スタート直後から織田の風変わりな“しゃべり方”が話題に。視聴者の間で<(名探偵)ポワロを意識した?><(相棒の)杉下右京みたい>、果ては<古畑任三郎か?>などの指摘が相次ぎ、織田のコミカルな演技も見どころの一つとなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る