すでに落選報道…和田アキ子「紅白」逆転出場はあるのか

公開日:

 SMAPばかりに注目が集まる今年のNHK紅白歌合戦だが、ある衝撃情報がかけめぐっている。今年で40回目の出場となる歌手の和田アキ子(66)が落選したというのだ。40回の“メモリアル”ということで、出場が確実視されていただけに、関係者のショックは大きいという。

 “アッコ落選”に拍車をかけたのが、今年の司会だ。紅組は朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロイン・高畑充希(24)で決まりとみられていたが、フタを開けてみると、来年の朝ドラ「ひよっこ」のヒロイン・有村架純(23)だった。和田と高畑は同じ所属事務所「ホリプロ」で、高畑が司会であれば、和田が“セット”のような形で出場することができた。しかし、有村司会により、そうした“バーター出場”もできなくなったという。

「実は和田さんについては、ここ最近、毎年のように“落選”の話が出ていたんです。目立ったヒット曲もないにもかかわらず、“重鎮扱い”でルーティンのように出場していた。昨年も落選危機にありましたが、同じホリプロの綾瀬はるかが紅組司会になったため、出場できたともっぱら。しかし、本番では以前のような声量はなく、精彩に欠けた。紅白に影響力を持つ“芸能界のドン”も、ついに見切りをつけたようなんです」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る