• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

すでに落選報道…和田アキ子「紅白」逆転出場はあるのか

 SMAPばかりに注目が集まる今年のNHK紅白歌合戦だが、ある衝撃情報がかけめぐっている。今年で40回目の出場となる歌手の和田アキ子(66)が落選したというのだ。40回の“メモリアル”ということで、出場が確実視されていただけに、関係者のショックは大きいという。

 “アッコ落選”に拍車をかけたのが、今年の司会だ。紅組は朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロイン・高畑充希(24)で決まりとみられていたが、フタを開けてみると、来年の朝ドラ「ひよっこ」のヒロイン・有村架純(23)だった。和田と高畑は同じ所属事務所「ホリプロ」で、高畑が司会であれば、和田が“セット”のような形で出場することができた。しかし、有村司会により、そうした“バーター出場”もできなくなったという。

「実は和田さんについては、ここ最近、毎年のように“落選”の話が出ていたんです。目立ったヒット曲もないにもかかわらず、“重鎮扱い”でルーティンのように出場していた。昨年も落選危機にありましたが、同じホリプロの綾瀬はるかが紅組司会になったため、出場できたともっぱら。しかし、本番では以前のような声量はなく、精彩に欠けた。紅白に影響力を持つ“芸能界のドン”も、ついに見切りをつけたようなんです」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る