ペリー荻野
著者のコラム一覧
ペリー荻野コラムニスト

愛知県出身、時代劇研究家。大学在学中からラジオパーソナリティー兼放送作家としての活動を始める。主な著作は「チョンマゲ天国―時代劇が止まらない」「ちょんまげだけが人生さ」「ちょんまげ八百八町」など。また、監修した時代劇音楽CD「ちょんまげ天国」4作は12万枚を突破している。

<第2回>日本を代表する名優たちが演じた個性派盗賊

公開日:
第1シリーズ「血頭の丹兵衛」/(C)フジテレビ系

「鬼平犯科帳」の面白さを支えるのが、毎回登場する個性的な盗賊たち。病を押して裏切り者に挑んだ「雨乞い庄右衛門」の田村高廣、殺された手下の仇討ちを決意した「討ち入り市兵衛」の中村又五郎、なんと鬼平本人に盗みの極意を伝授したとぼけた盗人「盗法秘伝」のフランキー堺、ホームドラマの父親像…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る