• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安倍里葎子が感謝 “デュエットの女王”誕生に2人の巨匠

 橋幸夫と歌った「今夜は離さない」をはじめ、数々のデュエット曲をヒットさせ、“デュエットの女王”として知られる安倍里葎子さん。デビューして46年。恩師はこのお二人!

  ◇  ◇  ◇

 私が生まれ育ったのは札幌市中央区。場所は現在の札幌プリンスホテルがある辺りです。歌手への第一歩は地元の高校を卒業後、小学校低学年から習っていたクラシックバレエのアシスタントをしながら、「もう一つ趣味を」という祖母の助言で札幌ミュージックスクールに通って歌のレッスンを始めたこと。

 とはいっても、最初はプロ歌手になろうなんて、とてもとても。そんなのは夢のかなたでした。

 祖母は、すすきので明治時代から昭和まで続いた北海道一の料亭「いく代」の仲居頭から小料理屋を始めてまして、ひいきにしてくださったお馴染みさんの一人が、ある炭鉱会社の札幌支店長。その息子さんがラテン歌手であり、札幌ミュージックスクールの校長先生でもあったんです。校長先生には随分と目をかけていただき、店長を兼務されていたすすきののライブレストラン「ミュージックパブ ジョージの城」のステージに歌のレッスンの延長で立つことも許されました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る