安倍里葎子が感謝 “デュエットの女王”誕生に2人の巨匠

公開日:  更新日:

 橋幸夫と歌った「今夜は離さない」をはじめ、数々のデュエット曲をヒットさせ、“デュエットの女王”として知られる安倍里葎子さん。デビューして46年。恩師はこのお二人!

  ◇  ◇  ◇

 私が生まれ育ったのは札幌市中央区。場所は現在の札幌プリンスホテルがある辺りです。歌手への第一歩は地元の高校を卒業後、小学校低学年から習っていたクラシックバレエのアシスタントをしながら、「もう一つ趣味を」という祖母の助言で札幌ミュージックスクールに通って歌のレッスンを始めたこと。

 とはいっても、最初はプロ歌手になろうなんて、とてもとても。そんなのは夢のかなたでした。

 祖母は、すすきので明治時代から昭和まで続いた北海道一の料亭「いく代」の仲居頭から小料理屋を始めてまして、ひいきにしてくださったお馴染みさんの一人が、ある炭鉱会社の札幌支店長。その息子さんがラテン歌手であり、札幌ミュージックスクールの校長先生でもあったんです。校長先生には随分と目をかけていただき、店長を兼務されていたすすきののライブレストラン「ミュージックパブ ジョージの城」のステージに歌のレッスンの延長で立つことも許されました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る