メンツ丸潰れ警視庁 “ASKA専従チーム”結成の可能性も?

公開日: 更新日:

 しかも、完全な誤認逮捕だったのなら、普通、警察への恨みつらみを書き連ねてもいいもの。しかし、ASKAはブログで〈警察が一方的に悪者になってしまいますね。失礼しました〉〈科捜研に間違いはないと思います〉と、警察を微妙に“フォロー”しているから不思議だ。

「もしかしたら、ASKAもこんな結末になって、ビックリしているかもしれません。ただし、メンツを潰された警視庁が、このまま黙っておくわけがない。今後、ASKAを徹底的にマークしていくでしょう。極端な話、“専従チーム”でも作るかもしれません」(前出の警視庁OB)

 不起訴で一件落着……とはいかないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

もっと見る