• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メンツ丸潰れ警視庁 “ASKA専従チーム”結成の可能性も?

 それにしても不可解なことが多すぎる結末だった。覚醒剤使用容疑で逮捕された歌手のASKA(58)が、嫌疑不十分で不起訴となり釈放された件だ。

 自宅で行われた尿鑑定で陽性反応が出たにもかかわらず、ASKAは、これは尿ではなくお茶で、絶対に覚醒剤はやってないと主張。結局、警視庁はこの主張を覆せず、不起訴となった。

 釈放後、ASKAは続けざまにブログを更新。焦点となった尿検査について〈目の前にお茶がありました。仕事部屋に置いてあったスポイトを思い出しました〉〈尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう〉などと、当時の心境をつづっている。潔白であれば、堂々と尿を出せばいいところを、なぜ、お茶を出したのかは不明だ。

「『お茶を入れた』と言うこと自体、どうみても不可解な言動です。仮に裁判で争点となれば、尿検査に立ち会った警官が『ちゃんと見ていたから、他のものを入れられるはずがない』と証言すればいいだけの話です。しかし、何らかの理由で『ちゃんと見ていた』と言い切れない状況にあったのでしょう。ASKAは執行猶予中で、今回有罪になれば、絶対に実刑となる身。何らかの“悪あがき”をしてくることは想定しなければいけなかった。その点においては、警視庁の想像力の欠如があったと思います」(警視庁OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る