日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イメージ脱却どころか…斎藤工の逃れられぬセクシー路線

 今年36歳になる年男の斎藤工がドラマ「昼顔」で上戸彩の不倫相手役を演じてブレークしたのはもう2年前。番組は尻上がりに視聴率を伸ばし、最終話は16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録、その年の流行語大賞にもノミネートされる社会現象にまでなった。斎藤自身も、このドラマ出演をきっかけに「医師たちの恋愛事情」「臨床犯罪学者 火村英生の推理」などのドラマに主演したほか、多くの映画やCMに出演した。

 しかし、今なお「昼顔」のイメージが強く、“セクシー俳優”“エロ俳優”と言われ、マツコ・デラックスにいたっては「顔面が性器みたい」とまで。抱かれたい男ランキングでは、どの調査でも断然の1位を譲らない。

「昨年出演した『しゃべくり007』では定着したイメージ払拭に苦闘していることを告白しています。番組では“本当の斎藤工を100%伝えるまで帰りません”として、本当の自分について語っていました。それくらい、“昼顔イメージ”からの脱却を望んでいます」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事