イメージ脱却どころか…斎藤工の逃れられぬセクシー路線

公開日: 更新日:

 今年36歳になる年男の斎藤工がドラマ「昼顔」で上戸彩の不倫相手役を演じてブレークしたのはもう2年前。番組は尻上がりに視聴率を伸ばし、最終話は16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録、その年の流行語大賞にもノミネートされる社会現象にまでなった。斎藤自身も、このドラマ出演をきっかけに「医師たちの恋愛事情」「臨床犯罪学者 火村英生の推理」などのドラマに主演したほか、多くの映画やCMに出演した。

 しかし、今なお「昼顔」のイメージが強く、“セクシー俳優”“エロ俳優”と言われ、マツコ・デラックスにいたっては「顔面が性器みたい」とまで。抱かれたい男ランキングでは、どの調査でも断然の1位を譲らない。

「昨年出演した『しゃべくり007』では定着したイメージ払拭に苦闘していることを告白しています。番組では“本当の斎藤工を100%伝えるまで帰りません”として、本当の自分について語っていました。それくらい、“昼顔イメージ”からの脱却を望んでいます」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る