• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“セクシー俳優”バブル崩壊…斎藤工にドラマ主演は荷が重い

 14年に放送された「昼顔」(フジテレビ系)で主演の上戸彩の不倫相手役を務め、裸やベッドシーンを「これでもか」というように見せつけて、大ブレーク。「セクシー俳優」と呼ばれるようになり、行く先々で黄色い声援を浴び、ドラマに映画、グラビア、CMにバラエティーと引っ張りだこになった。

 急激な人気の盛り上がりに、当の斎藤は「自分は男版の壇蜜さん」と言い続け、「5年もしたら表舞台からは消えている」と冷めた分析をしているが、たしかに一部では「ベッドシーンは飽きた」「食傷気味」などと言われていた。

 その理由ははっきりしている。視聴率が取れないのだ。「昼顔」効果を当て込んでか、その後も出演オファーが殺到。立て続けに主要キャストでのドラマ出演が続いた。しかし、主演したNHK「ダークスーツ」は最終回視聴率が2.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と撃沈。満を持して臨んだ主演ドラマ「医師たちの恋愛事情」(フジテレビ系)も全話平均で8.4%と惨敗。昨年10月クールの篠原涼子主演「オトナ女子」(同)では、セクシーシーン満載の大サービスをしたにもかかわらず8.7%と散々だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る