“セクシー俳優”バブル崩壊…斎藤工にドラマ主演は荷が重い

公開日: 更新日:

 14年に放送された「昼顔」(フジテレビ系)で主演の上戸彩の不倫相手役を務め、裸やベッドシーンを「これでもか」というように見せつけて、大ブレーク。「セクシー俳優」と呼ばれるようになり、行く先々で黄色い声援を浴び、ドラマに映画、グラビア、CMにバラエティーと引っ張りだこになった。

 急激な人気の盛り上がりに、当の斎藤は「自分は男版の壇蜜さん」と言い続け、「5年もしたら表舞台からは消えている」と冷めた分析をしているが、たしかに一部では「ベッドシーンは飽きた」「食傷気味」などと言われていた。

 その理由ははっきりしている。視聴率が取れないのだ。「昼顔」効果を当て込んでか、その後も出演オファーが殺到。立て続けに主要キャストでのドラマ出演が続いた。しかし、主演したNHK「ダークスーツ」は最終回視聴率が2.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と撃沈。満を持して臨んだ主演ドラマ「医師たちの恋愛事情」(フジテレビ系)も全話平均で8.4%と惨敗。昨年10月クールの篠原涼子主演「オトナ女子」(同)では、セクシーシーン満載の大サービスをしたにもかかわらず8.7%と散々だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る