日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第1回>煮詰まったときは「明日の自分を信じて」寝ます

脚本家の遊川和彦(C)日刊ゲンダイ

 視聴率40%を記録した「家政婦のミタ」やNHK朝ドラ「純と愛」などで知られる脚本家の遊川和彦氏(61)が、初めて映画のメガホンを取った。今週28日から公開となる「恋妻家宮本」(阿部寛・天海祐希主演、東宝系)。直木賞作家・重松清の小説「ファミレス」(角川文庫)を遊川氏自身が脚色し…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事