二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

COWCOW、8.6秒も…“一発屋”が不倫で思い出される皮肉

公開日: 更新日:

 人間は人間がすることにもっとも興味を持つ。犬に噛まれた人間にはあまり興味は湧かないが、犬に噛みついた人間がいたらどうだろう。「どんな人」と興味を持つ。ネタの見つけ方の逸話として女性誌編集長から聞いたことがある。すべてのニュースの基本は人間ドラマ。なかでも芸能ニュースは誰もが知る人間のドラマ。それも男と女の織り成すドラマが大半。分かりやすい。名高い芸能人でなく、ドラマがあれば関心は高まるのも道理。

 狩野英孝の「淫行疑惑」に続き、COWCOWの善し(42)、8.6秒バズーカ―のはまやねん(25)の不倫が報じられた。善しの「あたりまえ体操」がブームになったのはすでに5年前。はまやねんの「ラッスンゴレライ」は2年前。“一発屋”ともヤユされる2人はテレビで見る機会も減っていた。それが突然、不倫報道。「懐かしい」と名前を思い出すことになるのは皮肉だが、昨年来の不倫ブームは今年も続いているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る