二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

COWCOW、8.6秒も…“一発屋”が不倫で思い出される皮肉

公開日:

 人間は人間がすることにもっとも興味を持つ。犬に噛まれた人間にはあまり興味は湧かないが、犬に噛みついた人間がいたらどうだろう。「どんな人」と興味を持つ。ネタの見つけ方の逸話として女性誌編集長から聞いたことがある。すべてのニュースの基本は人間ドラマ。なかでも芸能ニュースは誰もが知る人間のドラマ。それも男と女の織り成すドラマが大半。分かりやすい。名高い芸能人でなく、ドラマがあれば関心は高まるのも道理。

 狩野英孝の「淫行疑惑」に続き、COWCOWの善し(42)、8.6秒バズーカ―のはまやねん(25)の不倫が報じられた。善しの「あたりまえ体操」がブームになったのはすでに5年前。はまやねんの「ラッスンゴレライ」は2年前。“一発屋”ともヤユされる2人はテレビで見る機会も減っていた。それが突然、不倫報道。「懐かしい」と名前を思い出すことになるのは皮肉だが、昨年来の不倫ブームは今年も続いているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る